Health and cosmetic surgery
  • 進化した医療

    更年期症状や更年期障害の治療のためのホルモン補充療法はすっかり定着し、さまざまなリスクを避けるために、いろいろな種類の薬が処方されています。アンチエイジングを目指したものもあります。

    Read More
  • 横顔美人になれる

    Eラインは鼻先と口先、そして顎を線で結んだ時、一直線に繋がるラインの事を言います。このEラインを作るためにアゴにプロテーゼを入れる施術が美容整形において人気を集めています。

    Read More
  • 女性の自信

    形成外科では、乳がんなどの手術の後の変形した乳房や、醜形に対して機能的または美容的に満足がいく乳房再建を行っています。年齢や個人の体質などによって仕上がりが変化するためカウンセリングが大切です。

    Read More

Top Contents

手軽に美しく

アンチエイジング効果のあるものは、現代には様々なものがあります。その中でも、ホルモン補充療法は最近人気が出てきてい方法です。

重瞼術を受けるためにかかる費用について

美容外科クリニックへ行くと、一重まぶたを二重にする重瞼術という名前の手術を受けることができます。この重瞼術は、メスを用いる切開法と、メスを用いない埋没法の2種類に分けることができます。最近は、気軽に受けることができる埋没法の手術を受ける人が増えてきていますが、元の状態に戻りにくいハッキリとした二重まぶたにしたい場合は切開法による手術を受けるようにした方が良いです。術式ごとの治療効果の違いについては、美容外科クリニックの医師が詳細に説明してくれますので、不明点が全部解消されるまでしっかりとした説明を受けるようにすることが大切です。どの位の費用がかかるかについてが一番気になってくるところですが、切開法の場合は25〜30万円前後が、埋没法の場合では10万円前後が相場料金になっています。

切開法と埋没法の違いについて

先程、美容外科クリニックで受けられる重瞼術は、切開法と埋没法の2種類に大別することができると述べました。ここ数年、美容外科クリニックの治療で流行しているのがプチ整形ですが、埋没法はプチ整形の一種として取り扱われている場合が多いです。切開法の手術では、その名が示している通り、まぶたにメスが入れられることになります。皮膚を切り開いて二重のラインを作りますので、術後に一重まぶたに戻ってしまうようなことはまずありません。また、二重の幅を広くすることもできます。一方、埋没法の手術では、まぶたに糸を通して二重のラインを作り、その糸をまぶたの裏側で固定するという施術がなされます。日本人によく似合う自然な二重まぶたにしたい場合には、埋没法の方が適しています。